カラコン 30代 40代 選び

30代以上のカラコン選び

 

カラコンが世間に浸透していることによって、アラサー以上の
女性たちのカラコンへの関心も高まってきていることだと思います。
最近では「オトナカワイイ」なんて言葉も出て来ていますよね。

 

しかし、30代以上の大人の女性たちがいざカラコンを
取り入れてみようと思ったときに、いちばん困るポイントは
どんなカラコンを選べばいいのか?」ということだと思います。

 

オフィスで働く女性は職場でカラコンとバレたくはないでしょうし、主婦の方達は
ママ友の集まりなどでこっそり使いたいという人もいるとおもいます。
大人の女性たちにとっての「ちょうどいいカラコン」ってどんなカラコンなんでしょうか?

 

そこで、30代以上の大人の女性たちのカラコン=大人カラコンを
見つけるポイントについてご紹介してみたいと思います。

 

大人カラコンのカラーは?

大人カラコンのカラー選びは、まず、自分の瞳と合わせることを最優先に選びましょう。
ブルーやグレーなどの日本人ではまずあり得ないハーフ顔カラコンはNGです。
ブラウン系やブラック系のカラコンがベストです。カラーのトーンは3トーンなどの
ミックスカラーは選ばず、1トーンのシンプルなカラーを選びましょう。
自前の瞳の色とうまく混ざり合うように、彩色が控えめなものを選ぶと
一層ナチュラルに馴染みます。

 

大人カラコンのデザインは?

デザインも自分の瞳と馴染ませることを最優先に選びます。
いちばん大切なのは、カラコンの輪郭です。カラコンの輪郭がクッキリしているものではなく、
外側にむかってぼかされたようなデザインのものがベストですよ。
また、虹彩の模様のように細かいデザインがベッタリ入っているものよりも、
繊細なデザインが入っているものの方がより馴染みやすいです。

 

大人カラコンはスッピンでも浮かない

スッピンでカラコンをつけたときに、目だけ異様に強調されていない状態がベストです。
もし、いまカラコンを持っている人は、スッピンでカラコンを付けてみて下さい。
浮いていないようでしたらそれはOKな大人カラコンですよ。
あまりにも着色直径の大きなカラコンは浮いて見えがちなので
13.00mm代後半の着色直径のカラコンは避けた方がいいかも知れません。

 

 

常に場面や相手のことを考えて行動することは大人のたしなみ。
大人カラコンの選ぶときも、自分の好みや趣味を主張するためだけでなく、
周りのことも考えて選んでいくことが重要になってきます。