カラコン 度あり 度なし

カラコンの度ありと度ナシについて

 

カラコンを購入するときに、いちばん最初に選択しなければならないのがカラコンの「度あり」と「度なし」どちらにするかということです。
カラコンは通常の透明なコンタクトレンズは「度あり」のみですが、瞳の大きさを大きく見せたり、瞳のカラーを変えたりなど、オシャレを目的とした使い道もあるため、視力の矯正を必要としない人のために「度なし」のカラコンが存在するというわけなんです。

 

カラコンは瞳に直接装着して使うもの。
自分の視界に大きく影響するので、自分の視力にキチンと
合ったものを選ぶ必要があります。
「度あり」と「度なし」を選ぶときには、まず、眼科を受診し、視力の測定をしてもらいましょう。
眼科の医師に、視力の矯正の必要がないと診断された場合は「度なし」を、
視力の矯正の必要があると診断された場合は「度なし」を選びましょう。
「度あり」の場合は度数が必要になりますので、医師に処方箋を書いてもらい、
度数をしっかり把握しておきましょう。

 

カラコンの商品によっては、度なしのもののみ販売している商品があります。
その場合、視力矯正の必要がある人は使うことができません。
装着することはもちろん出来ますが、視界が悪いので、
日常生活に悪い影響を与える可能性が高いので、やめておいた方がいいと思いますよ。
どのカラコンにするかを選ぶ際には、「度あり」と「度なし」どちらにも対応しているのか、
「度なし」のみの販売なのかをよく確認しておきましょう。
現在、「度あり」と「度なし」では、「度なし」の方が大量生産がしやすいため、
商品のバリエーションが「度あり」対応しているものよりも、とても多く販売されており、
価格も「度なし」の方が圧倒的にお手頃な価格なのが現実です。
特に、コスプレなどで使うような特殊なカラーやデザインのカラコンは、
ほとんどが度なしのみの販売になっています。

 

視力の悪いカラコンユーザーの方の中には、「色んなカラコンを使いわけたい!」と思う人が
非常に多いと思います。「オシャレは我慢から」とはよく言ったもので、
お目当てのカラコンが度なしのみしか販売していなかっだた場合、
我慢して無理矢理度なしのカラコンを使う人も多いと聞いたことがあります。
我慢出来たとしても、視界がとても悪かったり、視界が悪いといつも以上に
目を酷使してしまうので、そのまま度なしのカラコンを使い続ける
元々の視力の低下につながる可能性が大きくなってきてしまいます。

 

目の悪い人のカラコン事情とは?⇒