カラコン 含有率

カラコンの含有率とは

 

カラーコンタクトを購入する際、みなさんはネットなどでまず事前情報を収集することが多いのではないでしょうか。
やはり眼の中に入れる医療機器、なにも知らない状態で
購入するのはどうしても不安が残りますよね。

 

そんな情報調べの最中、「含有率」「含水率」という言葉を目にしたことはありませんか?
これらは、いったいどのようなものなのでしょう。

 

 

含有率・含水率とは

これらは、つまるところレンズがどれだけ水分を含んでいるのか、という表記になります。
ハードコンタクトは水分を一切含んでいませんが、ソフトレンズの場合は必ず水分が含まれています。
水分を含んでいなければ、あれほどの付け心地のよさを実現できないんですね。
この含水率は、様々なレンズ性能に大きく影響を与える重要なポイントとなっています。

 

酸素の通り

ソフトレンズの場合は、水をたくさん含んでいるほどに多く酸素を通してくれます。
本来酸素を通さない素材であるはずのソフトレンズに水分が混ざることで、
酸素が水に溶けて瞳に供給してくれるのです。

 

ただし、昨今ではシリコンハイドロゲルなど、ハードレンズと同じように水分を介さなくても
酸素を供給できる新素材も登場しており、一概にこれがすべてという訳ではありません。

 

乾燥

水分量が多ければ多いほど、実は乾燥感を覚えやすくなってしまいます。
これはレンズが自分自身のかたちを維持するために、より多くの水分を必要とするためです。
このため、レンズ内の水分が蒸発してしまうと、手っ取り早く眼の中に
存在している涙を吸収して形状保持に利用してしまうんですね。
そうなってくると、レンズは乾いていないのに眼は乾くという困った状況に陥ってしまいます。

 

汚れ

水分が多く含まれているほどに、実は汚れにも弱くなってしまいます。
これは素材に特殊な加工をしていたり、あるいは汚れにもともと強い高含水レンズなども
近年登場しているので一概に言えなくなってきましたが、一般的には水分が多ければ
多いほど汚れが付着しやすいと言われています。

 

付け心地の良さ、破れやすさ

水分量が多ければ多いほど、付け心地は飛躍的によくなります。
反面、水分が多いということはそれだけゼリーのような状態になるということなので、
破れやすいというデメリットを抱えてしまうことにもなるのです。

 

カラコンでは近年、低含水タイプが主流となってきました。
乾燥や汚れを抑えるというコンセプトからですが、もしそれで合わないと感じたのであれば、
一度高含水タイプのカラコンを選んでみてはいかがでしょうか。

 

カラコンのベースカーブってなに?⇒