ハーフ顔 カラコン

ハーフ顔になれるカラコンの選び方

 

カラーコンタクトを使う目的は様々です。
少し三白眼気味だから改善したいという方もいれば、
単純に目元を明るく見せたいという方もいるでしょう。
そんな中でも多いカラコンを使う理由は、
やはりハーフ顔を演出したいというもの。

 

日本人はどうしても茶色系・黒系の瞳以外にならず、
いわゆる外国人的な鮮やかさのある瞳、
小顔な雰囲気を引き出す瞳というのはありません。
これを、カラコンであれば手軽で簡単に実現することができるのです。

 

 

ハーフ顔になれるカラコンとは

ハーフ顔になるために重要なのは、カラー選びです。
どれだけカラコンの発色が派手であっても、カラー選びを失敗してしまうと
ハーフ顔どころか妖怪のような異質な雰囲気になってしまうこともありますよね。
ここでは、まずオーソドックスにハーフ顔を実現できるカラーを紹介していきましょう。

 

  • ヘーゼル
  • ハーフ顔といえば、これがもっとも相性がいいと言えるのではないでしょうか。
    ブラウン系の色合いですが、けしてナチュラルなだけではなく艶やかさを兼ね備えており、
    日本人にはない瞳を演出してくれます。
    発色がいいカラコンの中では目立ちにくく違和感が出にくいというのも魅力ですね。
    欠点は飴色の瞳になるのでこびるような印象が出てしまい、
    オトナカッコいい雰囲気を出すことには向かないことでしょうか。
    そのぶん、かわいらしさを重視したり、ギャル系メイクとの相性はバツグンですよ。
    どれを使おうか悩んでいるときなどは、まずこのタイプでハーフ顔に挑戦してみましょう。

     

  • グレー
  • ブラウン系のヘーゼルは甘えたようなかわいらしい雰囲気のハーフ顔ですが、
    このグレーは大人っぽいアダルトな奥行を引き出すことができます。
    スーツなどと組み合わせれば、アダルトな魅力がぐっと引き立ちますよ。
    目元の印象がぐっと強くなるので、かわいらしい服装とは相性が悪いですが、
    シックに決めたいときにオススメなカラーですね。

     

  • ブルー
  • ハーフ顔というよりも、ほぼ外国人顔になれるのがブルーです。
    通常ではまずありえないような発色の瞳になるので場合によっては
    違和感が生じてしまいかねませんが、やはりそのインパクトは絶大!
    普段とは違う自分の新しい魅力を引き出したいときなどには、
    このブルー系カラーは大きな力になってくれることでしょう。

     

    ハーフ顔を演出する時には、カラコンだけ使えばいいというものではありません。
    服装やメイクもそのカラーに合わせなければ、浮いたような違和感が出てしまいます。

     

 

メイク・カラコン・ファッションの3つをうまく組み合わせて、理想的なハーフ顔を見つけてくださいね。