眼科 検査

カラコン購入前の眼科での検査

 

カラーコンタクトは、一般的なコンタクトレンズと異なり購入時に
処方箋を必ずしも必要としていません。
とはいえ、カラコンはれっきとした高度管理医療機器。
なにも検査を受けず、ただフィーリングでレンズを選んでしまった場合、
眼障害のリスクを飛躍的に高めてしまう原因となってしまいます。
これを防ぐために、購入前の眼科検査は必須と言えるでしょう。

 

それでは、検査ではどのようなことをチェックしてもらえばいいのか。
ここではそれを紹介していきます。

 

 

視力チェック

すべての基本となるのが、この視力チェックです。
視力が悪い場合はもちろんのこと、自分は視力がいいと思っている場合であっても、
実は遠視だったり、微弱な近視を持っている場合がありますよ。
視力検査でこれが明らかになり、どのくらいの度数を入れれば
快適に生活を送れるかを知ることができるのです。

 

自分に合わない度数のレンズを使用してしまうと視力低下を引き起こしてしまいかねません。
また、無理に低めの度数で合わせてしまうことも逆効果です。
0.9〜1.0程度は見えるようにしておかなければ、視機能そのものが
低下していくこともあるので注意しておきましょう。

 

ベースカーブ、サイズチェック

より快適に、かつ安全にカラコンライフを送るうえで重要なのはレンズの形状、
どのような形状のレンズが目にあっているかをチェックするのはとても重要な検査になりますよ。

 

とはいえ、眼科にはカラコンのサンプルはほとんど置いていません。
一般レンズでまずはためしてみて、サイズなどのおおまかな方針を決めていきましょう。

 

そもそもレンズ使用できるかどうか

なによりも重要なのが、そもそもレンズを使える眼をしているかどうかということです。
ドライアイの場合は治療用のレンズ以外のコンタクトは厳禁となり、
もちろんカラコンを使用することもできません。
また、眼に炎症がある場合もカラコンの使用はできません。
眼科医からの指示で「カラコン禁止」と言われた場合は、素直にそれに従いましょう。
治療すれば使用できる場合もあるので、よく相談しておいたほうが無難です。

 

ちなみに、医師の指示に従わずレンズを購入して眼疾患にかかることは
とても多い事例です。 失明はレアなケースとなりますが、
正しく使用する場合と比べ飛躍的にリスクが高まることも事実ですよ。

 

 

安全で快適に利用していくためにも、まずはカラコン購入前に
眼科で検査を受けるようにしましょう。
購入後も、定期的な検査を忘れてはいけませんよ。

 

カラコンを購入するのに処方箋って必要なの?⇒