カラコン 構造

カラコンの構造はどうなっているのか

 

カラーコンタクトの構造については、あまり気にする人もいないでしょう。 レンズ使用に関しては直接関係のないことなので、レンズ選択をする際に話題となることはほとんどありませんよね。 とはいえ、カラコンの構造はけして無視できる問題ではありません。 かつて、薬事法改正以前のカラコンでは粗悪な構造の商品が多数流通してしまい、失明をはじめとする眼疾患がユーザーを苦しめてきたのです。

 

そういった状況があったことを知ると、レンズ構造も重要な選択基準となってきそうですよね。
なにより、安全にレンズを使うためにも、カラコンの構造について知っておいても損はありません!

 

サンドイッチ構造

現在最も主流となっているのが、このサンドイッチ構造です。
簡単に言うと、レンズとレンズの間に色素を挟んだという単純な構造です。
ですが、カラコンにはこれが効果絶大!
挟み込んでいるために色素流出のリスクが非常に少なく、
眼への負担を最小限に抑えることができる構造として人気があります。
安全性の高さという点では、このサンドイッチ構造は魅力的ですね。

 

反面、デメリットとしては構造上どうしても厚みが出てしまうということでしょうか。
長時間装用していると異物感が出ることもあるので、
その場合にはすぐに外してしまいましょう。

 

キャストモールド製法・セミモールド製法

以前から存在しているコンタクトレンズ製造法ですが、カラコンにも採用されています。
近年では新型のポリマーなどが開発されたことで、モールド製法で製造されたカラコンの
色素内包性が飛躍的に高まりました。
シンプルに言うならば、最初から色素部分をレンズ材料に混ぜて製造する、
または特殊なポリマーを色素の上から重ねるという製法ですね。
サンドイッチ構造と比べてレンズが薄く作れるので、付け心地がいいというメリットがあります。

 

反面、デメリットは色素流出のリスクがサンドイッチ構造よりも高いということ。
長時間装用で眼への負担が大きくなることがあるので、
あまり付け心地の良さを過信しないようにしましょう。

 

最近のカラコンに使用されている色素は人体に影響がないと言われてはいますが、
やはり安全面を考えれば色素流出は避けたいもの。
レンズ構造でリスクがある程度判断できるようになってくるので、
購入する際にはチェックしてみるといいかもしれませんよ。

 

安全なレンズを選んで、これまで以上に快適なカラコンライフを送ってくださいね。

 

カラコンの含有率ってなに?⇒