カラコン 目薬

カラコン使用時の目薬

 

カラーコンタクトを利用している方ならばお分かりいただけるかと思いますが、カラコンはとにかく眼が乾きます。
これはカラコンのみならず、ソフトコンタクトであればだいたい
乾燥に弱くなっているのです。
ソフトレンズは素材に水を含んでいますが、これが蒸発すると
涙を吸収して形を維持しようとします。
このために眼の表面を覆っていた涙が奪われ、
乾燥を強く感じてしまうんですね。

 

ハードレンズはこういったデメリットがありませんし、ソフトレンズにもこれを防ぐために開発された
特殊素材やシリコンハイドロゲルなどがありますが、残念ながらカラコンはこういった
対乾燥について進んでいません。

 

それを改善するために役立つのが、目薬です。
ただし、コンタクトの目薬は選択を誤るとレンズにダメージを与えてしまうことがあるなど、
慎重に購入を検討しなくてはならないので注意してくださいね。

 

コンタクト専用を選ぶ

コンタクトレンズ専用目薬というものが一般に販売されています。
カラコンを使っている際には、この専用目薬を使用するようにしておきましょう。
このほかの、いわゆる医療用成分が入った目薬はレンズを痛めてしまい、
かえって眼への負担を大きくしてしまうことがあるのです。

 

モイストタイプとクールタイプ

以前からはやっているのが、やはりスーッとする爽快感が魅力のクールタイプ。
ちなみにこのクールタイプですが、メリットとしてはそのフレッシュで
眠気覚ましにもなるような感覚があります。
反面、クールタイプはあまり持続せず、長時間にわたって乾燥を
抑えるような効果は望めません。

 

これに対して、モイストタイプは爽快感こそありませんが、乾燥をじっくり押さえてくれるので、
長時間使用においてはこちらのほうが相性がいいでしょう。
車の運転時にはクールタイプ、平常時はモイストタイプで使い分けるのがベターですね。

 

目薬の使い過ぎに注意!

目薬は疑似的に涙の代わりをしてくれるものですが、使いすぎてしまうと
涙を流す機能そのものが阻害されてしまい、かえってドライアイなどの
症状を引き起こしてしまう原因となってしまうことがあります。
目薬の使用は1日に4回から6回程度におさえ、それ以上の
使用はしないようにしておいたほうが無難です。

 

 

快適なカラコンライフを送っていくためにも、目薬は必須アイテム。
どんな目薬を選ぶかは人それぞれですが、自分にあった相性のいい目薬を見つけて、
よりストレスフリーにカラコンを使ってくださいね。