学校用カラコン

学校にしてもばれないカラコンがある

 

みなさんはカラーコンタクトをどのようなときに
使用していますか? もっとも多いのが、
プライベートで遊ぶときなどでしょう。

 

あるいは彼氏とのデートや、合コンなどの飲み会で使用する例も多いですね。 ナチュラルタイプのカラコンであれば
違和感もないので、アパレル関連に勤めている方やOLさんも
カラコンを使える機会は増えてきています。

 

とはいえ、学生・・・特に中学生や高校生はどうなのでしょうか?
カラコン自体は入手するためのハードルがぐっと低くなり、
中学生でも親の同意と検査で問題がないと判断されれば使用することができますよね。
ただ、学校にカラコンを付けていくとなってくると話は変わってきます。

 

 

学校は原則カラコン禁止

大学にはそんな規則はありません。
ただし、中学校や高校に関しては基本的にカラコンは過剰なファッションとして
認識されるため、原則として禁止となっていることが多いようですね。
たしかに、ハーフや外国人でない限りはブルーやヘーゼルな瞳は学校では異質です。
いわゆる不良のレッテルを貼られてしまうことにもなり、学校の評判はもちろん
自分自身の評判さえも貶めてしまう可能性がありますよ。

 

 

学校につけていけるカラコンもある!

たとえば黒系やブラウン系であれば
違和感はさほど出てきませんし、十分学校で使うことはできるでしょう。

 

シチュエーションフリーをウリにしているカラコンも近年は
非常に多く発売されており、選択の幅はけして狭くはありません。
もちろん、ブラックやブラウンでも派手なタイプを使用することは避けましょう。
あくまでも周囲の雰囲気に溶け込むような、異質さの出ないカラータイプであることが
学校でのカラコン使用の条件となってきます。

 

 

サークルタイプは学校向け!

カラコンのジャンルの中には、サークルレンズというものが存在しています。
色を変えるものではなく、あくまで瞳の輪郭を際立たせるというだけのもの。
これはけして鮮やかさが出るといったタイプではありませんが、
非常にナチュラルで近くから見ても不自然さがまるでないうえ、
目元の印象がぐっと引き締まるので多くの愛用者がいます。

 

もし学校に付けていくカラコンで悩んでいるのであれば、
まずはサークルタイプを試してみてはいかがでしょうか。
派手さはありませんが、なにもないよりもはるかにかわいらしく、
鮮やかな目元を演出することができるアイテムですよ。