カラコン購入 処方箋

カラコンの購入に処方箋はいらない

 

カラーコンタクトレンズに対する意識は、ここ数年で劇的に変化してきました。
なんといっても、薬事法の改正によるところが大きいでしょう。
これまでは無法地帯と化していたカラコン市場も、
薬事法の管理下に置かれたことで粗悪品の流通ができなくなり、
安全性が格段に向上したのです。
おかげで、カラコンを利用したい場合の敷居もぐっと低くなり、
以前とは比べ物にならないほど安全なレンズを手軽に
入手することができるようになりました。

 

そんなカラコンですが、通常のコンタクトレンズといまなお
異なっている点がひとつあります。それが、カラコン購入時に
処方箋は必ずしも必要とされないということです。

 

 

カラコン購入に処方箋は不要

現状、カラコンを購入する際には眼科での視力検査によって
測定された必要度数があれば、それを自己申告することで購入することができます。

中高生の場合には契約能力がないと法的にみなされるため、
保護者の承認が必要となりますが、それでも処方箋が
必要ないということに変わりはありません。

 

この理由として、まず一般眼科ではカラコン用の処方箋をそもそも
取り扱っていないということが挙げられるでしょう。
多くの眼科医はカラコンに対して否定的な意見を持っており、
処方することそのものを拒否する場合も多いです。
また、コンタクトは基本的に処方箋に対応する種類のレンズしか購入できないため、
莫大な種類があるカラコンをそれぞれ処方するのは手間がかかりすぎるというのも
理由ですね。

 

このため、基本的な視力チェックさえしておけば、あとは自己責任で
カラコンを購入することができるのです。

 

処方がないということは自己責任ということ

ここで注意しておきたいのは、カラコン購入は自己責任であるということです。
以前と比べて薬事法の管理下に置かれたカラコンは安全性も増していますし、
製造販売にも厳正な審査が必要となりますが、処方箋なしで購入するというのは
最終的な安全性は保障されていないということになります。
このため、カラコンを単なるファッショングッズだと思うのはとても危険。

 

定期的な検査で眼に異常がないかを必ずチェックして、
もしなにか異常があったのならスパッとレンズ使用を中断して
治療に専念するようにしましょう。
恥ずかしいからカラコンを外したくないと無理に使用を続けて、
失明してしまっては元も子もありません。

 

処方箋なしで購入できるからこそ、常に自分の眼の安全には気を使ってくださいね。

 

購入前に眼科で検査するのも大事です⇒