カラコン つけ心地 選び

つけ心地のいいカラコンの選び方

 

カラコンを日常的に使っている人は、一日の大半をカラコンを
装着した状態で過ごしていますよね。
そこでどうしても気になるのは「カラコンのつけ心地」です。

 

目はとてもデリケートな器官なので、その目になるべく負担をかけないようなカラコンを選びたいもの。
目への負担が大きいほど、ゴロゴロすることが多かったり、
ずれやすかったり、不快感を覚えることが多いのです。
目への少ないカラコンはそれだけ、快適なつけ心地のカラコンとも言えます。
そういった意味でもちょっとでも快適なカラコンをを使っていたいですよね。

 

では、快適なつけ心地のカラコンとはどんなカラコンなんでしょうか?

 

人間の目は人によって、眼球の大きさ、
まぶたの厚さ、体質、生活パターンなどが全く違うので、
快適なつけ心地のカラコンの条件は人によって様々です。
ある人にとってはとても快適でつけ心地のいいカラコンも、別の人にとっては
とても相性の悪いカラコンになってしまうということもよくあります。


 

自分にとってつけ心地のいいカラコンの見つけ方

 

つけ心地のいいカラコンの条件は人それぞれとは言っても、
いくつか抑えておくべきポイントはもちろんいくつかあります!
このポイントを抑えればつけ心地のいいカラコンにめぐり合えるはずですので
参考にしてみて下さいね。

 

ベースカーブを合わせる

ベースカーブとはカラコンのカーブの度合いを示す数字です。
意外と軽視されがちなベースカーブですが、これが合っていないと、
カラコンがずれやすくなったり、目の圧迫感を覚えたりすることもあります。
自分のベースカーブに対してのカラコンのベースカーブの誤差が、
0.2前後であれば快適に装用できると言われています。

自分のベースカーブを知るためには、眼科で検査を受けましょう。

 

カラコンへの自分の体質を知る

カラコンを付けていると、目ヤニが出やすくなったり、
レンズのタンパク汚れが多っかたり、目が乾きやすいという人がいます。
これは体質によるものなので、なるべく汚れの蓄積が少ない、
装用日数の短めなタイプのカラコンや、含水率の低いカラコンを選ぶ必要があります。

 

自分の生活パターンを振り返る

自分の生活パターンを振り返り、自分に合った装用日数のカラコンを選びましょう。
キチンとお手入れが出来ていないとつけ心地の悪いカラコンになってしまいます。

 

 

この3つの条件を元にカラコンを選ぶと、快適なカラコンに出会えると思いますよ!