ワンデーカラコン 付け外し

ワンデーカラコンは1日の中で付け外ししてはいけない

 

様々な種類があるカラーコンタクトレンズ。
大きく分別して、ワンデータイプ、マンスリータイプ、ワンイヤータイプが存在しており、それぞれのメリットに応じて選択することができますよね。

 

そんな中でもっとも扱いやすいことから、初心者にも愛用されているのがワンデータイプです。
ひとつずつのレンズが個分けになっており、使いたいときにだけ使用できるため、たまにしかカラコンを使わない方にとっても大きなメリットが
あります。

 

さらに、毎回新しいレンズを開封するのでケアの面倒がなく、
清潔さという点では度のレンズにも勝っているのがワンデータイプ。

 

このワンデータイプ、1日タイプという名前に惑わされがちですが、
実は使い捨て。 つまり、1回眼に入れてしまったあとに
外した場合は、もう2度とそのレンズを眼に入れてはいけないというレンズなのです。

 

 

付け外しはできない

よくマンスリータイプやワンイヤーではやることですが、眼が少し疲れたり、
あるいは乾燥したりした場合には1度レンズを外し、
リフレッシュするという方法がありますよね。
これはケアをすることができるワンイヤーとマンスリーならではのもの。

 

この方法は、ワンデータイプではできないのです。
そもそもワンデータイプは1回使い捨てという想定のもとで造られているので、
付け外しをしたりケアをしたりといった反復使用をまったく前提としていません。
1度パッケージから出して眼に入れた瞬間から劣化がはじまり、
1日以上は持たないうえ、眼の中で変形は続きます。

 

外した後に再度付け直したとしても、付け心地が改善することはなく、
かえって痛みが出たり渇きがひどくなるなどの弊害が生じる可能性のほうが高いのです。

 

 

常に予備を持ち歩こう

そのような理由から、ワンデータイプを使用するためには
スペアのレンズを持ち歩いていたほうが安心と言えるでしょう。
1度外してしまうとレンズを使用できなくなってしまう特性があるにせよ、
やむを得ない理由で外さなければならない場合も少なからず存在しています。
そんなとき、スペアレンズがあれば外して処分しても不安はありませんよね。

 

ワンデータイプを使うカラコンユーザーの方は、バッグなどにスペアのレンズを
2組ほどは入れておくようにしておくことをおススメします。

 

ワンデータイプは清潔に、かつ簡単に扱えるという反面、
コストパフォーマンスはどうしても悪いものになってしまいます。
だからといって正規の使い方を守らなければ眼障害になってしまうことがあるので、
正しい取り扱いに従い、安全にレンズを使うようにしていきましょう。

 

カラコンワンデーは1日以上装着可能なもの?⇒