カラコン 着色直径

カラコンの着色直径とは

 

オシャレな女性たちの間で、欠かすことの出来ない
目元のメイクアイテムになりつつあるのがカラコンですよね。
最近はカラコンのデザインやカラーのバリエーションがどんどん増えてきていて、「ちょっとカラコンを買ってみようかな♪」と思って通販サイトなどをのぞいてみると、あまりの商品の多さに
びっくりされるかたも多いのではないでしょうか?

 

カラコンユーザーのみなさんはカラコンを選ぶときにどんなことを基準に選んでいますか?

  • 好きなデザイン、カラー
  • どこに行くときに使うのか?
  • 自分のファッションに合っているかな?
  • お手入れはラクチンなのがいいな
  • お財布に優しいかな?

など、カラコンを選ぶときのポイントは人それぞれだと思います。

 

そんなたくさんあるカラコン選びのポイントのひとつに、
「がっつりデカ目になりたい!」または「ナチュラルに盛りたい」というものがあるかと思います。
休日などの場合は思いっきりイメチェンしてもOKだと思いますが、
職場や学校ではちょっと浮いてしまいますよね。

 

実は「デカ目」か「ナチュラル盛り」かを見極めることが出来るポイントがあるんです。
それが「着色直径」というものです。
「着色直径」とは、カラコンの「DIA(=レンズ直径)」とはまた別のもので、
「カラコンが着色されている部分の直径」のことを指しています。

「着色直径」が大きければ大きいほどデカ目になれますし、
小さければ小さいほど裸眼のときとあまり変わらないナチュラルな目元になれます。
この「着色直径」は、カラコンの商品ページなどにDIAと共に人間の黒目の大きさは
個人差がありますが、平均すると大体12.20mmくらいだと言われています。
この数値のことを考えると、ナチュラル重視のかたにピッタリな着色直径は、
12.80mmから13.30mmくらいが自然に瞳がひとまわり大きく見ええる大きさだと言えます。

 

そしてデカ目重視のかたには、13.50mm以上のものだと、
いっそうデカ目を強調してくれるのではないでしょうか?

 

最近では着色直径が14.00mm以上の大きなカラコンもあります。
好みの問題かも知れませんが、ちょっと不自然かもしれませんね…

 

理想的な瞳の大きさは、白目:黒目:白目=1:2:1と言われています。
この比率が守られている瞳は「美人瞳」と呼ばれているそうです。
自分の瞳の大きさを確認し、ベストな着色直径を探すのもいいかもしれませんね。

 

カラコンの医療機器承認番号とはなに?